距腿関節の背屈制限

今回は”距腿関節の背屈制限”について取り上げて解説します。要するに”足首を反らしにくい理由”ですね。特にバレエなどに関わっていらっしゃる方は日常的なテーマだと思います。

足関節で背屈制限が生じる理由は大きく分けて4つあります。
1.脛腓関節の可動性低下
2.距骨の後方滑走障害
3.底屈筋の短縮
4.屈筋支帯の短縮
の四つです。これらを順に解説していきます。

1.脛腓関節の可動域制限
脛骨と腓骨は二箇所で連結があります。上脛腓関節と下脛腓関節です。
この二つの関節では腓骨が大きく動きます。具体的な腓骨の動きは足首を背屈した際に外旋と挙上、底屈した際に内旋と下制でした。なので腓骨の挙上と外旋の動きが出ていない場合、足関節の背屈制限が生じます。

2.距骨の後方滑走障害
背屈時には距骨は後方に滑りつつ上方に回旋します。上記の腓骨の動きは距骨が後方滑走するためのスペースを確保するためのものでもありますが、せっかく腓骨が動いてスペースを作っても距骨が後ろにしっかり滑り込まないと背屈できません。捻挫などの後遺症で距骨が前方変位したまま後ろに滑り込めなくなっている状態の時に背屈制限が見られます。

3.底屈筋の短縮
底屈させる筋肉はいくつかありますが、まず代表的なのは腓腹筋とヒラメ筋です。この二つの筋肉は足関節の底屈のほとのどの役割を担うので、これらが短縮していると背屈しにくくなってしまいます。また長母趾屈筋の短縮も腱の走行が距骨の後方滑走を妨げてしまうので背屈制限を引き起こします。

4.屈筋支帯の短縮
屈筋支帯というのは内果と踵骨を繋ぐ膜状の組織です。この下を長趾屈筋、長母趾屈筋、後脛骨筋、神経や動脈が通過しています(ここを足根管と呼びます)。この膜の部分が短縮すると足首を背屈した時に緊張が高まり、可動域制限を生じます。

上記1.2に関しては骨を動かすモビリゼーションのテクニックなどを用いて、3.4に関しては筋筋膜のリリースや距骨下関節調整のテクニックなどで処置をしていくのが一般的です。参考にしてください。

Pocket

投稿者:

atmensemble

アンサンブル手技療法アカデミーでは、からだのことを知りたい方、ヨガインストラクターやセラピストの方などを対象に "手軽にできるセルフケアやペアワークの講習会"や "からだの仕組みをわかりやすく学ぶ講座"などを行っています。また、色々な疾患や解剖生理学をわかりやすく解説してブログで配信しています。ぜひご覧ください!