外反母趾へのアプローチ方法

今回はよくある疾患へのアプローチ方法として”外反母趾”を取り上げてみたいと思います。

外反母趾は足の親指が傾いてしまう症状です。

訴えは傾きが気になるというケースから痛みに悩まされるケースまでそれぞれです。

総じて女性に多い印象ですが、ランニングを専門にしている人にもよくみられます。

原因の一つとしては先の細い靴を履いていることが挙げられます。

ご承知の通り足先が締め付けられるからです。

ですが原因はそれだけではなく、つま先が外側を向いていることも発症しやすい要因になります。

つま先を外に向けた状態で地面を蹴ると外反母趾を発症しやすい方向に親指の付け根の関節が動かされてしまいます。

この動きの繰り返しで外反母趾がきつくなっていってしまいます。

なのでこの場合、実際に痛みの出てる足の親指だけでなく、お尻の筋肉を緩めることも必要になってきます。

実はつま先が内を向いたり、外を向いたりする動きはお尻(股関節)がコントロールしています。

例えば座ったままお尻に力を入れてもらうと、つま先が自然に外側を向くのがわかると思います。

ですから、お尻の筋肉が慢性的に硬いと無意識につま先が外側を向いてしまっているのです。

この状態で歩いたり走ったりすると親指の付け根の関節にストレスがかかって、外反母趾を発症しやすくなってしまいます。その上で先の細い靴を履いているとより一層発症しやすくなってしまいます。

ですから外反母趾を緩和させるにはまずお尻を柔らかくすることが必要になります。

外反母趾でお悩みの方はストレッチなどでお尻を柔らかくするようにしてみて下さい。

このように身体は至るところで連動して動くので、結果と原因を分けて考えていく必要があります。

原因を置いといて結果にだけアプローチを施してもなかなか治りにくく、治っても再発することが多くなるのは外反母趾に限らずあらゆる症状に言えることだと思います。

疾患の原因がどこにあるのかを正確に見抜くために施術者はしっかりと学び続けないといけませんね。

Pocket

投稿者:

atmensemble

アンサンブル手技療法アカデミーでは、からだのことを知りたい方、ヨガインストラクターやセラピストの方などを対象に "手軽にできるセルフケアやペアワークの講習会"や "からだの仕組みをわかりやすく学ぶ講座"などを行っています。また、色々な疾患や解剖生理学をわかりやすく解説してブログで配信しています。ぜひご覧ください!