腰痛の意外な原因


腰痛に悩まされている方は本当に多いですね。

ヘルニアや脊柱管狭窄症などをはじめとして、腰が痛くなる原因は様々ですが、実際に原因が特定できる腰痛は全体の15%程度にすぎないと言われています。

要するに腰痛の多くは実は原因不明なのです。

この原因不明の腰痛を研究していくと、痛みを引き起こす原因としてもっとも多いのが『恐怖心』だということが最近わかってきました。

腰痛になっても基本的にはしばらくしたら腰周りの筋肉や関節は良くなります。

筋肉や関節の損傷であれば長くとも3ヶ月もあれば普通は回復します。

本来であればそれとともに痛みもなくなるはずなのですが、「動いたらまた痛くなるんじゃないか?」という恐怖心が頑固に残ってしまうと、実際には腰の周りには異常がないにも関わらず、痛みだけが残ってしまう事実が確認されています。

痛みへの恐怖心が長期間続くと、これがストレスになり、痛みをコントロールする脳の一部分を衰えさせることがわかっています。

こうなると痛みを感知する神経の興奮を抑えることができなくなり、実際には問題がないにも関わらず痛みを引き起こしてしまいます。

”腰が傷んでいる”と脳が勘違いしてしまう訳です。

このケースの腰痛は”心配しすぎ”が原因ですので、”自分が思っているより動けること”を実際に自分自身で確認することが一番の治療法です。

実際に動いてみて、動ける事実を体感してみると恐怖心が和らぎ徐々に動ける範囲も広がってきます。

そのためには安静は禁物です(以前は腰痛はまず安静にするべきだと考えられていましたが、現在では長期間の安静は症状を悪化させるので二日間以上の安静は禁止するべきだと考えられています)。

まず体をできる範囲で動かす様にします。


ある程度動ける様になってきたら腰に手を当てて3秒間ほど反らしてみてください(写真参照)
(※この動きは”これだけ体操”という名前で広く紹介されていますので、詳しく知りたい方は検索してみてください)


具体的には”腰を反らせる”というより”骨盤を前に送り出す”イメージの方が良いかもしれません。

腰痛が怖いと腰をかばって前かがみで動く様になってしまいます。

腰を反る動きが怖いから無意識にそうした姿勢をとってしまう訳です。

でも実際には腰を反らしても大丈夫だということを体に確認させると自信が戻ってきて、少しずつ反らせる範囲が広がってきます(※腰を反らした時に脚に痺れがでる場合、腰に鋭い痛みが走る場合、反らした腰を元に戻しても10秒以上痛みが続く場合は別に原因がある可能性が高いのでむやみに腰を反らしてはいけません。その際はしっかりと医療機関で診察を受けてください)。

こうして”実際に動ける”という自信を取り戻すにつれて、腰痛も軽減してきます。

もちろん医療機関で処置を受けるべきケースの腰痛もありますが、こうした”恐怖心による腰痛”というパターンもたくさんあります。

”病院に行くほどでもないけど腰が慢性的に気になる”という方も腰を反らしてみる動きを是非試してみてください。


Pocket