関節の変形について


今回は関節の変形についてお話しします。
一般に”変形性関節症”と呼ばれる症状です。

変形性関節症とは?


この症状はよく年配の人に見かけますが、軟骨がすり減ってしまって関節の形が変わってしまう症状のことです。

特に体重がかかる膝や股関節に変形が起きやすいのが特徴です。

O脚で歩いている年配の方をイメージするとわかりやすいかもしれません。

その場合はおそらく膝の変形性関節症を発症されているのではないかと考えられます。

場合によっては手術の適応になりますが、その前にできることがたくさんあります。

関節の構造


関節は骨と骨の継ぎ目です。

体を動かすときにはこの部分が動くわけですが、スムーズに体を動かすためにたくさんの組織が入り組んで形作られています。

軟骨も関節を構成する組織の一部になります。

軟骨は向き合った骨同士の表面にそれぞれ存在して、衝撃を吸収するクッションとして働いたり、ツルツルの表面を利用して骨同士を滑らかに動かす役割を担っています。

※関節の仕組みについてはこちらをご覧ください

軟骨の性質


このように体を動かす時に重要な働きをするのが軟骨です。

関節があるところには必ず軟骨があります。

しかし残念ながら軟骨は今の医学では一度損傷すると再生は不可能だと考えられています。

もちろんこれから再生医療が発展してくると事情が変わってくる可能性もありますが、今の段階では修復しないと考えられます。

変形性関節症ではこの再生しない軟骨がすり減ってしまっているわけです。

なので手術によって関節ごと人工のものに取り替えるのが主な治療法となります。

変形性関節症の治療


しかしながら実際には手術を選択する前にまだできることがあります。

例えば年齢を重ねてから膝の痛みが出て、病院でレントゲンを撮ると「膝の軟骨がすり減っていますね」とおそらくほぼ全員が言われると思いますが、過剰に心配する必要もありません。

それは軟骨がすり減るのは白髪が出てくるのと同じく、歳を重ねれば誰にでも起きる自然現象だからです。

軟骨の減っている程度も人によって様々ですし、軟骨が減っているから関節が痛むと考えるのも短絡的な話です。

もちろん軟骨の損傷が激しく、日常生活に著しく支障をきたす場合は手術が避けられないケースもありますが、多くの場合そこまでの病態に至っていないのではないかと思います。

臨床経験上、関節の変形に起因すると考えられる痛みのほとんどは筋肉や靭帯、関節の動きを調整することでコントロールすることができると思います。

なので実際には変形してる軟骨自体から痛みが出ている訳ではないケースがたくさんある訳です。

こうした場合、具体的には曲げ伸ばしや回旋など本来の関節の動きを取り戻せるように誘導しながら手技を施したり、関節の中の水を循環させることで動きやすくしたり、軟骨がすり減った箇所に体重が乗らないように体のバランスを調整したりといったアプローチを行います。

これらの手技で多くの場合は痛みを和らげることができます。

加えてリハビリをして関節周りの筋肉を鍛えたり、患部に過剰な負担がかからないようにすることで、問題なく日常生活を送れるようになることがほとんどです。

股関節や膝の痛みは動く気力を削いでしまうため、著しく日常生活が不便になりますし、体力も低下してしまいます。

関節の痛みで悩まれている方や手術を躊躇われている方は是非、適切な手技療法やリハビリを受けてみてください。

Pocket