筋肉と腱


1.筋肉の構造

体を動かす筋肉は、真ん中が縮んだり緩んだりできる構造になっていてここを”筋腹(きんぷく)”と呼びます。

おそらく多くの方がイメージで捉えている筋肉はこの部分が相当するのではないかと思います。

中央にある筋腹の両端は、硬い紐状の組織になっていてこれが骨に付いています。

ここは一般によく”スジ”と呼ばれますけれども、これは医学用語ではありません。

正確には“腱”と呼びます。

そして筋肉の始まりと終わりは、必ず関節をまたいでそれぞれ別々の骨についているというのが筋肉の基本的な構造になります。


2.筋肉の収縮と弛緩

続いてこれらがどのようにして体を動かしているのかというのを見ていきましょう。

前述した通り、筋肉は骨から骨についていますけども、この時必ず骨の継ぎ目を超えて別の骨についています。

ですので、筋腹の部分が縮むとこの両端の腱が中央に引っ張られる、骨の継ぎ目である関節が動くわけです。

力こぶをイメージして頂くとわかりやすいかと思いますが、筋腹が中央に収縮していくと筋肉の盛り上がりができます。

この動きによって肘が曲がるわけです。筋腹が縮むことで両端の腱が真ん中に引き寄せられて結果的に骨を引っ張って関節が動く、という仕組みです。

そして筋肉が緩んだ時にはとこのように筋腹の盛り上がりが消えて通常の長さに戻ります。

肘の部分で見ると力こぶが消えて肘が伸びる状態です。


このように伸び縮みできる”筋腹”と硬い紐状の”腱”によって筋肉は構成されています。

そして筋腹が長さを変えることで、体の各部位、関節が動くことができるわけです。

Pocket