足首の関節

足首には関節があって、主につま先を上げたり下げたりする時に動きます。

この関節は三つの骨で出来ています。

下腿部側では脛骨と腓骨の二本の骨が関節の上と横の部分を構成して凹みのような形を作っています。

そしてここに距骨という骨がはまり込んで関節を作っています。

このように”ほぞ”と”ほぞ穴”の関係のようになっていて、この構造が足首の安定性を高めています。

そして横から見るとこのような構造をしています。

スネの筋肉が縮むとつま先が上を向きます。

逆にふくらはぎの筋肉が働くとつま先が下を向きます。

このように下腿部の筋肉が働くことで足首の関節を動かす事ができる仕組みになっています。

ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎの筋肉の主な働きは足の指を曲げたり、つま先を下に向けたりする事です。

ふくらはぎの筋肉は、上の方に筋腹があって下の方はほとんど腱ばかりになっているため、上の方が太くて下が細くなる形状をしています。

この箇所にある代表的な筋肉は腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋です。

これらの筋肉は共にアキレス腱を上に引っ張る事で踵を持ち上げる働きがあります。

その結果、つま先が下に向くわけです。

沢山歩いたり走ったりする事で足首が下を向く動きが繰り返されると、ふくらはぎが疲れるのはこうした働きを担っているからです。


この二つの筋肉は下腿三頭筋として一つにまとめて捉えられますが、それぞれに特徴的な役割も備わっています。

腓腹筋はつま先を下に向ける動きに加えて、膝を曲げることもできます。

また、歩いたり、走ったりするときに大きな力を出すことができます。

一方のヒラメ筋は腓腹筋と同様につま先を下に向ける動きを担いますが、腓腹筋ほど大きな力はありません。

どちらかと言うと体がグラグラしないように姿勢を調整するために働くのがメインの働きとされます。

加えて、ヒラメ筋の近くには大きな静脈やリンパ管が走っていて、ヒラメ筋が縮んだり緩んだりすることでこれらを圧迫して中の血液やリンパ液をからだの上の方に向かって押し上げる働きもあります。

足が浮腫みやすい人はこの働きが弱っている可能性があります。

座ったまま出来る 肩こりのセルフケアの方法を学ぼう!at 神戸

ご自身の肩こりを解消したい方を対象とした講座です。

肩こりが生じるメカニズムを理解し、関連する骨や筋肉を触りながら、座ったままできる簡単なセルフケアの方法を学びます。

パソコンやスマホなどの画面を長時間見る機会の多い現代人は多くの人が肩こりに悩まされています。

首、肩周りの不具合を放置していると目の疲れ、頭痛などつらい症状の原因にもなります。

この講座を受講することで肩こりへの理解が深まり、ご自身で手軽に適切な処置ができるようになります。
どなたでもお気軽にご参加ください。

内容(予定)
・肩こりとは?
・マッサージとストレッチの効果
・首と肩の解剖学
・筋肉のセルフケア方法
・関節のセルフケア方法

日時
2020年1月9日(木)
18:00〜19:30

場所
兵庫県 神戸市中央区 加納町 3-4-11
三宮駅より徒歩約5分

難易度
入門レベル 

受講料
3,300円

※お申し込みはatme.paris@gmail.comよりお願いします。