ふくらはぎの筋肉

ふくらはぎの筋肉の主な働きは足の指を曲げたり、つま先を下に向けたりする事です。

ふくらはぎの筋肉は、上の方に筋腹があって下の方はほとんど腱ばかりになっているため、上の方が太くて下が細くなる形状をしています。

この箇所にある代表的な筋肉は腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋です。

これらの筋肉は共にアキレス腱を上に引っ張る事で踵を持ち上げる働きがあります。

その結果、つま先が下に向くわけです。

沢山歩いたり走ったりする事で足首が下を向く動きが繰り返されると、ふくらはぎが疲れるのはこうした働きを担っているからです。


この二つの筋肉は下腿三頭筋として一つにまとめて捉えられますが、それぞれに特徴的な役割も備わっています。

腓腹筋はつま先を下に向ける動きに加えて、膝を曲げることもできます。

また、歩いたり、走ったりするときに大きな力を出すことができます。

一方のヒラメ筋は腓腹筋と同様につま先を下に向ける動きを担いますが、腓腹筋ほど大きな力はありません。

どちらかと言うと体がグラグラしないように姿勢を調整するために働くのがメインの働きとされます。

加えて、ヒラメ筋の近くには大きな静脈やリンパ管が走っていて、ヒラメ筋が縮んだり緩んだりすることでこれらを圧迫して中の血液やリンパ液をからだの上の方に向かって押し上げる働きもあります。

足が浮腫みやすい人はこの働きが弱っている可能性があります。

Pocket

投稿者:

atmensemble

アンサンブル手技療法アカデミーでは、からだのことを知りたい方、ヨガインストラクターやセラピストの方などを対象に "手軽にできるセルフケアやペアワークの講習会"や "からだの仕組みをわかりやすく学ぶ講座"などを行っています。また、色々な疾患や解剖生理学をわかりやすく解説してブログで配信しています。ぜひご覧ください!