やさしい解剖生理学講座『体を動かす神経の働き』

解剖学

私達が体を動かそうとする時、まず最初に”脳”が働きます。

“脳”の一部分が活性化することで電気信号が生じます。

そしてこの電気信号は”脊髄”というところに伝わります。

“脊髄”というのは背骨の奥の方を通っていて脳と繋がっている組織です。

背骨の奥にある脊髄まで伝わった電気信号は次に背骨の横から出ている神経に伝わります。

そして神経を通って最終的に動かしたい筋肉に伝わります。

こうして信号を受け取ったら筋肉は縮みます。筋肉が縮むことで骨が引っ張られ関節が動きます。

このようにして体を動かしています。

Pocket

タイトルとURLをコピーしました