筋肉と腱


1.筋肉の構造

体を動かす筋肉は、真ん中が縮んだり緩んだりできる構造になっていてここを”筋腹(きんぷく)”と呼びます。

おそらく多くの方がイメージで捉えている筋肉はこの部分が相当するのではないかと思います。

中央にある筋腹の両端は、硬い紐状の組織になっていてこれが骨に付いています。

ここは一般によく”スジ”と呼ばれますけれども、これは医学用語ではありません。

正確には“腱”と呼びます。

そして筋肉の始まりと終わりは、必ず関節をまたいでそれぞれ別々の骨についているというのが筋肉の基本的な構造になります。


2.筋肉の収縮と弛緩

続いてこれらがどのようにして体を動かしているのかというのを見ていきましょう。

前述した通り、筋肉は骨から骨についていますけども、この時必ず骨の継ぎ目を超えて別の骨についています。

ですので、筋腹の部分が縮むとこの両端の腱が中央に引っ張られる、骨の継ぎ目である関節が動くわけです。

力こぶをイメージして頂くとわかりやすいかと思いますが、筋腹が中央に収縮していくと筋肉の盛り上がりができます。

この動きによって肘が曲がるわけです。筋腹が縮むことで両端の腱が真ん中に引き寄せられて結果的に骨を引っ張って関節が動く、という仕組みです。

そして筋肉が緩んだ時にはとこのように筋腹の盛り上がりが消えて通常の長さに戻ります。

肘の部分で見ると力こぶが消えて肘が伸びる状態です。


このように伸び縮みできる”筋腹”と硬い紐状の”腱”によって筋肉は構成されています。

そして筋腹が長さを変えることで、体の各部位、関節が動くことができるわけです。

関節の仕組み

骨と骨のつなぎ目を”関節”と呼びます。

関節があるおかげでヒトは体を動かすことができる訳ですね。

スムーズに体を動かすために関節には色々な仕組みが備わっています。

関節の軟骨

関節で向き合う骨と骨は、お互いが”軟骨”という組織で覆われています。

軟骨は焼き鳥とか唐揚げでおなじみのあんな感じのコリコリでツルツルした組織です。

これがあるおかげで骨同士が直接ぶつかることなくクッションで保護された状態になります。

また軟骨の表面はとてもすべりやすいので関節を滑らかに動かすことができるようになっています。

関節の中の水

関節の中で向き合った骨同士は関節包という袋で周りを包まれていて、この袋の中は”滑液”(かつえき)という水で満たされています。

この滑液は潤滑油のような働きをしていて関節が滑らかに動くことを助けています。

滑液は関節包の内側にある滑膜(かつまく)というところから出てきます。

滑液には栄養素も含まれていて、軟骨はこれを吸収することで栄養をもらっています。

関節の水が古くなると

体を動かさないでいると滑液の循環が悪くなります。

動き出した時に関節が痛む場合は滑液の循環不良が原因として考えられます。

溜まった滑液が古くなりドロドロしてきてスムーズな関節の動きを妨げるようになるからです。

また、新しい滑液が出てこないと軟骨に栄養を届けられなくなってしまいますので、軟骨が栄養失調に陥ります。

こうした要因で関節痛等、様々な不具合を招きます。

関節の循環を良くするには

こうした不具合を防ぐためにはしっかりと体を動かすことが必要です。

重力を受けながら体を動かすことで関節に刺激が入り、古くなった滑液は吸収され、新しい滑液が分泌されます。

そうすると滑液がなめらかになって、滑りが良くなります。

また、軟骨も新鮮な滑液を介して栄養を受け取ることができます。

ですので適度に体を動かして滑液の循環を良くすることが関節を健康に保つポイントです。

歩くだけでも効果的ですので、是非ご自身の体に適した強度の運動を日常に取り入れてみてください。

距腿関節の背屈制限

今回は”距腿関節の背屈制限”について取り上げて解説します。要するに”足首を反らしにくい理由”ですね。特にバレエなどに関わっていらっしゃる方は日常的なテーマだと思います。

足関節で背屈制限が生じる理由は大きく分けて4つあります。
1.脛腓関節の可動性低下
2.距骨の後方滑走障害
3.底屈筋の短縮
4.屈筋支帯の短縮
の四つです。これらを順に解説していきます。

1.脛腓関節の可動域制限
脛骨と腓骨は二箇所で連結があります。上脛腓関節と下脛腓関節です。
この二つの関節では腓骨が大きく動きます。具体的な腓骨の動きは足首を背屈した際に外旋と挙上、底屈した際に内旋と下制でした。なので腓骨の挙上と外旋の動きが出ていない場合、足関節の背屈制限が生じます。

2.距骨の後方滑走障害
背屈時には距骨は後方に滑りつつ上方に回旋します。上記の腓骨の動きは距骨が後方滑走するためのスペースを確保するためのものでもありますが、せっかく腓骨が動いてスペースを作っても距骨が後ろにしっかり滑り込まないと背屈できません。捻挫などの後遺症で距骨が前方変位したまま後ろに滑り込めなくなっている状態の時に背屈制限が見られます。

3.底屈筋の短縮
底屈させる筋肉はいくつかありますが、まず代表的なのは腓腹筋とヒラメ筋です。この二つの筋肉は足関節の底屈のほとのどの役割を担うので、これらが短縮していると背屈しにくくなってしまいます。また長母趾屈筋の短縮も腱の走行が距骨の後方滑走を妨げてしまうので背屈制限を引き起こします。

4.屈筋支帯の短縮
屈筋支帯というのは内果と踵骨を繋ぐ膜状の組織です。この下を長趾屈筋、長母趾屈筋、後脛骨筋、神経や動脈が通過しています(ここを足根管と呼びます)。この膜の部分が短縮すると足首を背屈した時に緊張が高まり、可動域制限を生じます。

上記1.2に関しては骨を動かすモビリゼーションのテクニックなどを用いて、3.4に関しては筋筋膜のリリースや距骨下関節調整のテクニックなどで処置をしていくのが一般的です。参考にしてください。

足部について

アンサンブル手技療法アカデミーのオンライン解剖学講座では、概論が終わると足から順に細かく学んでいきます。ここでいう足(足部)とは足首からつま先のことを意味します。

足は立ったり歩いたりする際に地面と唯一コンタクトできる箇所です。この部分がしっかりと機能し、地面との力のやり取りがスムーズにできると安定した姿勢を獲得できます。また座っている時にも足がきっちり地面に接触できているかどうかで姿勢の安定性も大きく変わります。

足の甲のほとんどは中足骨と呼ばれる細長い骨で構成されていて、足首の下あたりは”足根骨”と呼ばれる石ころのような骨が集まって形作られています。そして指には親指に2本、それ以外には3本小さな骨があります。足にはこのように小さな骨がたくさんあります。

骨がたくさんあると、どういう事ができるのでしょうか?

体の中では至る所で骨と骨が繋がっています。この骨同士のつなぎ目の事を”関節”と言います。”関節”があるから体を動かすことができます。

骨の数が多いほど関節の数も多くなります。そうすると動かせる箇所も増えるので、色々な動きができるようになります。ですので小さなスペースに多くの骨が密集している足部は細かな動きができる構造になっています。

足の細かな関節をたくさん使えると体重の保持や重心移動もスムーズにできるようになります。しっかりと地面を捉えられるようになると姿勢も安定し、腰や首など体の別の部分にかかる負担も軽減できます。

ただ足部の関節は意識して使わないと動き方を忘れてしまって変な癖がついてしまったり、固まってしまったりしやすい部位でもあります。一本一本の骨があるべき場所に収まるように誘導していくことが重要になります。その為にもまずは正確な骨の位置関係を頭に入れるようにしてみてください。