椎間板ヘルニアについて


今回は”椎間板ヘルニア“について簡単に説明していきます。参考にして下さい。

腰や首が痛くてヘルニアだと言われた経験のある方、もしくは身近でそういった話を耳にされたことがある方は少なくないと思います。

僕が患者さんと話している印象だと”ヘルニア”と言われるとかなり重症で治すには手術しないといけないと思われてる節がありますが、必ずしもそうではありません。

ヘルニアの病態や症状を順に確認していきましょう。

ヘルニアとは?

”ヘルニア”という言葉自体は”飛び出す”という意味です。なので実際には腰や首だけでなくて鼠径部におきたり(鼠径ヘルニア=脱腸)、胃の入り口で起きたりするヘルニアもあります。

ヘルニアの中でも首や腰のヘルニアは正確には”椎間板ヘルニア”と呼ばれ、椎間板の中身が飛び出してしまった状態を意味します。

椎間板の構造


“椎間板”は平べったい”饅頭”のような構造をしています。”皮”の部分が分厚く、中の”あんこ”は少ししか入っていない状態をイメージしてください。

この”椎間板”に負荷がかかり続けると、”あんこ”の部分が押し出されそうになります。特に背骨の前側が上から圧迫されると、中の”あんこ”が後ろに押し出されるように力がかかるので、こうした状態が続くと、やがて”皮”を突き破って”あんこ”が外に飛び出してしまいます。これが”椎間板ヘルニア”の病態です。

特に前かがみの”ねこ背”の姿勢をとり続けると、背骨の前の方にストレスがかかるため”椎間板ヘルニア”の発症リスクが高まります。

もう少し詳しい話はこちらをご覧ください。

ヘルニアの症状

こうして飛び出してきた”あんこ”が神経に触れるのがヘルニアの厄介なところです。

“あんこ”が飛び出す先は神経の通り道になっています。

なので首にヘルニアを発症した場合はもちろん首も痛いのですが、飛び出してきた”あんこ”に圧迫された神経のつながる先である腕や手、指に痛みやしびれが出たり、力が入らなくなったりといった神経の働きに異常が見られるのがヘルニアの特徴です。

腰のヘルニアの場合は腰痛に加えて脚に同様の症状がみられます。

ヘルニアの経過


こうした状態ですので、飛び出してしまった”あんこ”をどうにかしないといけません。

そこで手術をしてこれを取り除くというのがよくある治療ですが、実はそうしなくてもほとんどの場合飛び出して来た”あんこ”は自然になくなります。

というのも白血球が食べてくれるからです。

飛び出した場所や程度によりますが、基本的には白血球が食べてくれるので時間の経過と共にヘルニアは消失します。

その間に耐え難い痛みや日常生活への不具合が起こる場合は手術を選択するのもありだと思います。

体のバランスを整えることで、自然に治癒する速度も速くなりますので、筋肉や骨格にアプローチを施す手技療法も効果的です。

ただ、”あんこ”が飛び出してしまった”饅頭”は元に戻らないので、”椎間板”の高さが低くなったり、衝撃を吸収する機能が弱まったりすることで疲れやすくはなってしまいます。

具体的な症状としては、肩こりや腰痛が発症しやすくなるので、先々うまく付き合って今ないといけません。

適切に体のバランスを整える施術を受けたり、姿勢の維持に必要な筋力を強化する事で対処していけますので、詳しくはご相談ください。




オンライン解剖生理学講座のご案内

熱心に仕事に取り組んでいながら解剖生理学の知

識が不足しているために伸び悩んでいるセラピス

ト、インストラクターさんに今までたくさんお会

いしてきました。

そうした方々に共通して言えるのが体の構造や動

きの仕組み、治癒のメカニズムなどの理論に対す

る知識、理解が不十分だということです。これは

体系的に解剖生理学を学ばれる経験がなかったこ

とが原因だと思います。


そうした方々からご相談を受ける機会が多くなっ

てきましたので、体系的に学べる解剖生理学のカ

リキュラムを作成し、オンラインツールを利用し

て提供させて頂いています。


この講座を受講する事で、幅広い症状に対して自

信を持って効果的なセッションを提供出来るよう

になります。

また、受講後は基本的な用語を理解できるように

なるのでご自身で専門書が読めるようになり、更

に学びを深めていくことができます。

無料カウンセリングを随時受け付けておりますの

で、興味をお持ちの方はお気軽にご連絡くださ

い。

https://youtu.be/lF4xqgiAjLMh


喘息と体のゆがみの関係②

もう一つ、咳が出やすくなる原因も別にあります。

喘息でなくても風邪をひいたりして咳が続いて苦しい思いをされた経験はみなさん少なくともおありかと思います。

咳というのはそもそも喉に異物が入った時にそれを外に追い出すための防御反応です。

通常はこうした理由で咳が出るのですが、喉と脳の間の情報のやりとりに間違いが生じてしまい、咳が出ることがあります。

喉に何もないのに、何かあると勘違いして咳が出てしまうのです。

この場合は喉につながる神経で情報のやりとりがうまくいかなくなってしまうことで、実際には喉に何もないのに何かあると勘違いしてしまう状態になってしまっています。

この場合、首のゆがみ原因があることが多いです。

首の骨がゆがむことで、神経に圧迫がかかり情報のやりとりを邪魔してしまい、誤作動が生じて咳が出てしまっていることがよくあります。

なのでこうした場合は首のゆがみを整える事で改善が期待されます。


以上をまとめますと、かだらだがゆがむ事で

1.気道にストレスがかかり息をしにくくなる。
2.肋骨の動きが悪くなり、呼吸をしにくくなる。
3.首のゆがみにより、神経の誤作動によって咳が出てしまう。


この三つの要素によって喘息の症状が見られることが実際によくあります。

喘息にお悩みの方はもちろん薬が必要不可欠な場合もありますが、体のゆがみをチェックして整えてみることも有効な処置の一つだと思います。

もちろん副作用もありませんので、是非一度試してみてください。

今回は体のゆがみと喘息の関係を簡単に紹介させて頂きました。

詳しい話に興味がありましたらお気軽にお問い合わせください。

喘息と体のゆがみの関係 ①

今回は喘息と体のゆがみの関係に関して簡単にお話ししたいと思います。

喘息で悩まれている方は多いですが、病院での治療法は薬を服用するしかないのが現状です。

しかしながら実は体のゆがみを整える事でかなりの割合で症状が軽減します。

体を整えるとどのように影響するかという事を紹介していきます。

喘息とは簡単に言うと咳の発作が出たり、呼吸がしづらくなったりする症状のことです。

細かく分けると色々な種類がありますが、今はこの理解で結構です。
    
喘息の症状の一つとして、息苦しさがあります。

特に発作が起きているときは息を吐くのに苦労するという訴えをよく聞きます。

この場合一つの原因として気道にかかるストレスがあげられます。

体のゆがみによって気道に圧迫などの物理的なストレスがかかり、呼吸をし辛い状態が慢性的に続いている可能性があります。

体が捻れると空気の出し入れもスムーズにできなくなってしまいます。

また、体がゆがんだ状態だと、姿勢を維持するために必要な背骨周りの筋肉がずっと働き続けなければいけなくなり、疲労して固くなってしまいます。

姿勢を維持するための筋肉だけでなく、呼吸をするために必要な胸周りの筋肉も頑張って働くので、肋骨周りの筋肉も同様に固まってしまいます。

こうなるとしっかりと呼吸をするために必要な肋骨の動きが制限されてしまいます。

少し詳しく言いますと、肋骨まわりは息を吸った時に胸が膨らんで、吐いた時に縮むのですが、固まってしまった胸周りの筋肉が動きを邪魔してしまうことで、しっかりと肋骨が動けなくなってしまう訳です。

要するに体がゆがむことによって、気道にストレスがかかるのと、息をする時の肋骨の動きが悪くなってしまうこと。

この二つの要因で呼吸がしづらくなってしまいます。

肩こり解消法 at 神戸

ご自身の肩こりを解消したい方、クライアントさんの肩こりに効果的なアプローチをしたいセラピストの方々を対象とした講座です。

肩こりが生じるメカニズムを理解し、関連する骨や筋肉を触りながら、症状を解消する為のセルフワーク、ペアワークを学びます。

パソコンやスマホなどの画面を長時間見る機会の多い現代人は多くの人が肩こりに悩まされています。首、肩周りの不具合を放置していると目の疲れ、頭痛などつらい症状の原因にもなります。

この講座を受講することで肩こりへの理解が深まり、適切な処置ができるようになります。

内容(予定)
1.なぜ肩がこるのか?
2.理想的な姿勢とは?
3.背骨の構造
4.ねこ背のメカニズム
5.腰と首の動きをつなげる
6.肩こりが引き起こす様々な症状
7.肩こりへのアプローチ方法
8.実技(セルフワーク、ペアワーク)
ストレッチ、モビライゼーション、筋リリース、姿勢矯正など


日時:2019年5月11日(土)15:30~17:00

場所:Hal Cure

神戸市中央区二宮町4-23-5

定員:4名

価格:10,000円

持ち物:筆記用具。実技を行いますので体に触れ易いように薄手で動き易い服装をご用意ください。

※お申し込みはarme.paris@gmail.comへお願いします。

その際、お名前・メールアドレス・お電話番号・ご職業をお知らせください。

講師 古田大祐(フルタダイスケ)
アンサンブル手技療法アカデミー代表
ワタナベ総合手技療法研究所所長
解剖学講師
柔道整復師

柔道整復師として来院者数1日平均200人を超える兵庫県尼崎市の渡辺接骨院にて20年以上臨床をしています。

同時に治療法の研究を続け、フランスでオステオパシーと音楽家専門の治療を学び、ベルギーの治療家ライセンスを取得しました。

こうしたバックグラウンドから独自の治療法を作り出して一般の方、アスリート、音楽家など幅広い層の方々の治療、コンディショニングを担当しています。

また、アンサンブル手技療法アカデミー代表としてセラピストやインストラクターの方々に解剖学や実技の指導もしています。

現在は主に兵庫県尼崎市を拠点として施術していますが、その他の関西地区、名古屋、首都圏でも定期的に往診施術を行っています。

オンライン解剖生理学講座のご案内

熱心に仕事に取り組んでいながら解剖学の知識が不足しているために伸び悩んでいるセラピスト、インストラクターさんに今までたくさんお会いしてきました。

そうした方々に共通して言えるのが体の構造や動きの仕組み、治癒のメカニズムなどの理論に対する知識、理解が不十分だということです。これは体系的に解剖生理学を学ばれる経験がなかったことが原因だと思います。

そうした方々からご相談を受ける機会が多くなってきましたので、体系的に学べる解剖生理学のカリキュラムを作成し、オンラインツールを利用して提供させて頂いています。

この講座を受講する事で、幅広い症状に対して自信を持って効果的なセッションを提供出来るようになります。

また、受講後は基本的な用語を理解できるようになるのでご自身で専門書が読めるようになり、更に学びを深めていくことができます。


無料カウンセリングを随時受け付けておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

外反母趾へのアプローチ方法

今回はよくある疾患へのアプローチ方法として”外反母趾”を取り上げてみたいと思います。

外反母趾は足の親指が傾いてしまう症状です。

訴えは傾きが気になるというケースから痛みに悩まされるケースまでそれぞれです。

総じて女性に多い印象ですが、ランニングを専門にしている人にもよくみられます。

原因の一つとしては先の細い靴を履いていることが挙げられます。

ご承知の通り足先が締め付けられるからです。

ですが原因はそれだけではなく、つま先が外側を向いていることも発症しやすい要因になります。

つま先を外に向けた状態で地面を蹴ると外反母趾を発症しやすい方向に親指の付け根の関節が動かされてしまいます。

実はこの動きの繰り返しで外反母趾がきつくなっていくケースがほとんどです。

なのでこの場合、実際に痛みの出てる足の親指だけでなく、お尻の筋肉を緩めることも必要になってきます。

実はつま先が内を向いたり、外を向いたりする動きはお尻(股関節)がコントロールしています。

例えば座ったままお尻に力を入れてもらうと、つま先が自然に外側を向くのがわかると思います。

ですから、お尻の筋肉が慢性的に硬いと無意識につま先が外側を向いてしまっているのです。

この状態で歩いたり走ったりすると親指の付け根の関節にストレスがかかって、外反母趾を発症しやすくなってしまいます。その上で先の細い靴を履いているとより一層発症しやすくなってしまいます。

ですから外反母趾を緩和させるにはまずお尻を柔らかくすることが必要になります。

外反母趾でお悩みの方はストレッチなどでお尻を柔らかくするようにしてみて下さい。

このように身体は至るところで連動して動くので、結果と原因を分けて考えていく必要があります。

原因を置いといて結果にだけアプローチを施してもなかなか治りにくく、治っても再発することが多くなるのは外反母趾に限らずあらゆる症状に言えることだと思います。

疾患の原因がどこにあるのかを正確に見抜くために施術者はしっかりと学び続けないといけませんね。

2019/3/30 体幹へのアプローチ at 神戸

神戸で定期的に開催してる体の部位別アプローチ方法の連続講座。今回は体幹編でした。

毎回講座の最初は骨の触診からスタートします。骨の位置を正確に捉えることで、はじめて筋肉の走行も正しく理解する事が出来るようになります。なので、”ランドマーク”と呼ばれる体表から触診できる骨の出っ張り等の目印を正確に見つける練習をまず最初に行います。

骨の触診ポイントを確認して骨格の全体像がイメージ出来るようになってから各筋肉を探していきます。

筋肉の走行を確認していきながら、どのようにアプローチをするのが有効かを紹介していきます。

今回取り上げた筋肉は
僧帽筋、広背筋、棘筋、最長筋、腸肋筋、肩甲挙筋、菱形筋、前鋸筋、腰方形筋、半棘筋、板状筋、後頭下筋です。

同時に関節へのアプローチ方法も紹介していきました。今回は椎間関節、肋椎関節、胸肋関節への手技を取り上げました。

関節を動かす為には、まず骨をしっかり捉えなくてはいけません。毎回皆さんここがかなり難しいポイントになります。

関節に力を加える時に必要なのは”遊びをとる”ことです。この点を常に意識しつつ、”どこをどう動かしたいのか?”が理解出来ていれば手の使い方に慣れてくるに連れて、徐々に効果的な手技を施すことが出来るようになりますよ。

日々のセッションの中で少しずつ取り入れつつ慣らしていってみてください。