肩こりと食いしばりの関係

代表者のブログ

肩こりになる理由の一つに食いしばりがあります。

食いしばりがどのように肩こりに影響を与えるか見ていきましょう。

食いしばりの影響と原因

歯を食いしばるとあごの関節やあごの下にある舌骨(ぜっこつ)の周りにつく舌骨筋と呼ばれる筋肉に負担が大きくかかることになります。

舌骨筋は首の前にもついているため、ここが硬くなると頭が前方に引っ張られてしまい、肩こりの原因にもなります。

食いしばりや歯ぎしりの原因の一つはストレスだと考えられています。

特に寝ている時の食いしばりは、起きている時よりも大きな力がかかるので歯やあごを痛めやすくなります。

ストレスをため込むと知らず知らずにあごや首の周りに大きな負担がかかってしまいますので、うまくストレスを解消していきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました