解剖学

解剖学

足首の関節の動き方

今回は足首にある距腿(きょたい)関節と呼ばれる距骨と脛骨、腓骨をつなぐ関節の動きを見ていきましょう。
解剖学

股関節屈曲と内旋について

股関節は屈曲していくと自然と内旋動作を伴います。 これはもともと大腿骨上部に前捻角という捻れが存在するためで、大腿骨頭は大転子に対して約14度の角度で前方に位置しているのが通常の状態だからです。 なので大腿骨頸部を軸に脚を屈曲させる...
生理学

椎間板の構造

椎間板という背骨と背骨の間にある組織の特徴を解説しています。
生理学

関節の仕組みを簡単に解説します

骨と骨のつなぎ目を関節と呼びます。 関節があるおかげでヒトは体を動かすことができる訳ですね。スムーズに体を動かすために関節に備わった色々な仕組みを順に見ていきましょう。
解剖学

足部について

足はたくさんの骨が集まって構成されています。しっかりと重力を地面に伝え反発力をもらうには地面に接する足の骨の配列がとても大切になります。
タイトルとURLをコピーしました