代表者のブログ

Eye of foot

涅槃仏(横になったお釈迦様の像)の足の裏には目が描かれていて、ここを”Eye of foot”と呼びます。 上座部仏教にはこの部分で大地の奥を見つめて立つようにという教えがあるそうですが、まさにそうしたイメージを持って立つと心身ともに安定した状態を得られます。
代表者のブログ

肩こりと呼吸

胸や背中など肋骨の周りに柔軟性があると肺の空気の出し入れもしやすいのですが、柔軟性が失われて固まってしまうとしっかりと呼吸ができなくなってしまいます。
代表者のブログ

ロイヤルタッチ

日本では治療のことを”手当て”と呼ぶこともあります。手当ての歴史は古く、いわゆる四大文明全てにマッサージなど体に手を触れることで病を癒す方法が伝わっています。また、中世以降のイギリスやフランスには”Royal touch(ロイヤルタッチ)...
代表者のブログ

肩こりと目の疲れ

肩こりになる原因として目の疲れがあります。 目が疲れるから肩がこるとも、肩がこるから目が疲れるとも言えますが、いずれにせよ両者は影響し合っています。
Workshop

手に負担の少ないピアノの弾き方

親指から順番に鍵盤の上に指を置くことで指を動かしやすくなり、かつ腱鞘炎などケガの予防にもなります。
代表者のブログ

肩こりと食いしばりの関係

肩こりになる理由の一つに食いしばりや歯ぎしりがあります。 歯を食いしばるとあごの関節やあごの下にある舌骨(ぜっこつ)の周りにつく舌骨筋と呼ばれる筋肉に負担が大きくかかることになります。
代表者のブログ

2013年 オランダ

昔の写真を見返してたらオランダのクリニックに勉強に行った時の懐かしい記録が出てきました。 特にサッカーの盛んなオランダではスポーツ医学が発展していることもあり、整形外科疾患全般に関する手技療法をアムステルダム 近郊のクリニックに学びにいき...
代表者のブログ

頭の重さと肩こり

肩こりになる理由は色々ありますが、よくみられる状態は頭が前に移動してしまっているということです
代表者のブログ

やさしい解剖学講座 下腿部と足編

この度、膝下から足先までをテーマにした解剖学のコースをオンライン学習プラットフォームのUdemyよりリリースしました。 ヨガセラピストやインストラクターなど体に関わるお仕事をされている方やこれからされたい方、スポーツ選手、...
代表者のブログ

股関節屈曲と内旋について

股関節は屈曲していくと自然と内旋動作を伴います。 これはもともと大腿骨上部に前捻角という捻れが存在するためで、大腿骨頭は大転子に対して約14度の角度で前方に位置しているのが通常の状態だからです。 なので大腿骨頸部を軸に脚を屈曲させる...
タイトルとURLをコピーしました