解剖学

解剖学

足首の関節の動き方

今回は足首にある距腿(きょたい)関節と呼ばれる距骨と脛骨、腓骨をつなぐ関節の動きを見ていきましょう。
代表者のブログ

鼻呼吸のススメ

鼻から息を吸うようにした方が体に良いことが色々とあります。
解剖学

やさしい解剖生理学講座『筋肉のはたらき』

筋肉は縮むか緩むかの単純な動きしか出来ませんが、この単純な動作の組み合わせで色々な動きができます。
解剖学

やさしい解剖生理学講座『体を動かす神経の働き』

脳で発生した電気信号が神経を通って筋肉に伝わります。
解剖学

骨のはなし

骨の役割  骨の役割にはどのようなものがあるでしょうか? ・体を支える  まず一番イメージしやすいのは体を支えている、ということだと思います。  もしも骨がないと、とても立ったり歩いたりは出来ません。骨があるおかげ...
解剖学

足部について

アンサンブル手技療法アカデミーのオンライン解剖学講座では、概論が終わると足から順に細かく学んでいきます。ここでいう足(足部)とは足首からつま先のことを意味します。 足は立ったり歩いたりする際に地面と唯一コンタクトできる箇所です。この部分が...
タイトルとURLをコピーしました