代表者のブログ

Eye of foot

涅槃仏(横になったお釈迦様の像)の足の裏には目が描かれていて、ここを”Eye of foot”と呼びます。 上座部仏教にはこの部分で大地の奥を見つめて立つようにという教えがあるそうですが、まさにそうしたイメージを持って立つと心身ともに安定した状態を得られます。
解剖学

足部について

アンサンブル手技療法アカデミーのオンライン解剖学講座では、概論が終わると足から順に細かく学んでいきます。ここでいう足(足部)とは足首からつま先のことを意味します。 足は立ったり歩いたりする際に地面と唯一コンタクトできる箇所です。この部分が...
タイトルとURLをコピーしました